nanto-e.com archive

立野ヶ原スキークラブ所属 立野鋤男君のスキー日記

立野ヶ原SCは1918(大正7)年設立。日本で7番目に古いスキークラブです。クロスカントリー、アルペン、スキー指導員、ボード、ジュニア育成など多方面で活躍中!

アルペン・ジュニア「正月合宿」in栂池

2007年01月06日
 1月3日から5日まで、栂池高原スキー場にて正月合宿を行いました。積雪量は、十分とはいえませんでしたが、ショートポールを立て、各自の課題に応じたトレーニングをしました。
 夜のミーティングでは、コーチと自分達の滑りの違いをVTRで確認しました。
 お世話になった宿泊先は、エリカ山荘です。





スキージャーナル誌の付録DVD

2007年01月11日
 マニアックな話題で恐縮です。
 スキージャーナルは現在創刊40周年。1月号(先月号)と2月号(今月号)に付録のDVDがついていた。  先日ちょっと時間があったので1月号の付録DVDを見た。
 題名(メニュー名)は「日本のスキー界をリードしたヒーローたち」
 内容はというと、かつて日本のスキー技術を進化させ、「基礎選」から「技術選」に名称変更させて、今の基礎スキー界の一時代を築いた人たちの総集編だった。バブル期にスキーが華やかだった頃の名選手たちで、今も日本のスキー界を頭脳やコーチなどの立場で引っ張っている人たちの懐かしい映像ばかり。映画「私をスキーに連れてって」が作られたのもこの時代。

 金子裕之、大平成年、渡部三郎、望月弘文、沢田敦、森信之、斉木隆、佐藤譲、我満嘉治、粟野利信、竹村幸則、佐藤正人、そして出口沖彦。

 技術選で当時語り草になった種目のオンパレード。
 特に、出口沖彦さんは平成12年11月11日、155名の死者を出したオーストリア・キッツシュタインホルン スキー場で起こったケーブルカー火災事故で亡くなっている。懐かしくて涙が出た。

県スキー選手権 クロカン 個人クラシカル

2007年01月14日
 県スキー選手権は14日、南砺市のたいらクロスカントリーコースで距離クラシカル(男子10キロ、女子5キロ)を行いました。
 女子は宮塚春香さん(立野ケ原SC)が17分20秒8で3連覇を果たしました。


<男子10km>
4位 嶋田裕樹(立野ヶ原SC)
5位 嶋田将樹(立野ヶ原SC)
7位 宮塚健一(立野ヶ原SC)
10位 松川正幸(立野ヶ原SC)
23位 篠塚欣司郎(立野ヶ原SC)
30位 松平和人(立野ヶ原SC)

ちなみに、女子5kmの城端の選手は、
2位 和田素子(南砺総合福野高校)
3位 横川郁美(南砺総合平高校)
6位 喜多島亜美(南砺総合平高校)
でした。

県選リレー 8年ぶり優勝

2007年01月15日
 県スキー選手権は15日、南砺市のたいらクロスカントリーコースで男女の距離リレーを行いました。
 距離の男子40キロ(10キロ×4)リレーは、立野ケ原SCがきときとの大学生を揃えて、1時間49分42秒9で、8年ぶりの優勝!


関連ブログはこちら。
お日様といっしょに
あやまゆ着楽屋さん

宮塚春香 フリーも制覇 2冠

2007年01月17日
 県選手権クロスカントリー競技のフリー女子5kmが行われ、立野ヶ原SC宮塚春香選手が制覇!
 みごと2冠です。

アルペン競技 県体(国体予選)

2007年01月19日
 アルペン競技の大回転国体予選は、19日たいらスキー場で行われました。
 立野ヶ原SC岡村聡子選手が成年女子Bで県代表を決めました。
 SAJデモと2足のワラジ。どっちも頑張ってね。

県体スキー XC 蛯沢と宮塚 貫禄V

2007年01月21日
 県体スキー競技会はたいらクロスカントリーコースとたいらスキー場で1、2部距離クラシカルと2部大回転を行いました。
 1部距離の成年男子B10kmではナショナルチームの蛯沢克仁選手(立野ヶ原SC)が25分42秒9で、成年女子A5kmでも宮塚春香選手(立野ヶ原SC)が16分41秒6でそれぞれ優勝しました。
 ついでに、少年女子5km優勝の和田素子選手(南砺福野高2)も城端の出身です。

<立野ヶ原SCの上位入賞選手>
一部
成年男子A 2位 嶋田裕樹
成年男子B 1位 蛯沢克仁
成年男子B 2位 松平和人
成年女子A 1位 宮塚春香
成年女子A 2位 山瀬由貴

二部
男子一般A 1位 高田翔太
男子一般D 1位 山瀬悦朗
男子一般D 2位 山瀬 徹

県体リレー2種目で優勝!!

2007年01月22日
県体のリレーがたいらクロスカントリーコースで行われました。

男子1部 成年(10キロ×4)
 優勝 立野ヶ原SC(蛯沢・嶋田裕・松川・嶋田将)

2位の平SCと一時は接線となったが3走の松川がリードを広げアンカーにつないだ。

男子2部 一般(3キロ×4)
 優勝 立野ヶ原SC(山瀬・高田・石田・辻)

 おめでとうございます!!

悲しい知らせ

2007年01月24日
 今朝、「ちょっと一息」さんのブログで知った。朝、新聞を読んでいたが気が付かなかった。
 スノーバレー利賀の帰り22日に、R471から転落。23日に発見。凍死。とても悲しい事故である。
 歩いた足跡があるという。何とか上へ登ろうとしたか携帯は繋がらなかったのか?もし、電波の不感地帯だとすれば、アンテナの整備がしてあれば、助かったのではないか?何とかできなかったのかいろいろ考えさせられる。残念無念。

 スキーのチューンアップでお世話になっていた。最近はちょっとご無沙汰していたが・・・。
 現役の立野ヶ原SCのクラブ員でもある。かつて城端にあったスキー会社にも勤めておられた。城端に住まいもあった。一時期、砺波で販売もしておられた。石川県連盟のコーチでもあった。スキーの製造から販売、コーチやスキー技術のすべての経験をいかし、チューンアップ業をしておられた。
 ご冥福をお祈りします。合掌。

恒例のスキー学習

2007年01月25日
 恒例の中学校スキー学習。今日は中学2年生。まーいい天気でよかった。
 雪はあったが、1週間後のインターハイが心配。

コース整備

2007年01月31日
 インターハイ、アルペン会場では連日コース整備が続いています。
 今朝は8:00にたいらスキー場に集合。しかし、IOXの方が作業が多いということで、IOXへすぐに移動。

SL競技スタート位置より。全国屈指のハードバーンです。


9:30〜10:30までコースオープン。選手が続々と試合のバーンを滑っていきます。


圧雪車で整備した後、雪面硬化剤(硫化アンモニウム:硫安)を撒いて今日の作業は終了。


明日(2/1)は13:00からIOXで旗門員リハーサルです。
そして、2/2は14:00から開会式。見に来てくださいね。

作者 :  立野鋤男

立野ヶ原スキークラブ所属。レーシングスキー、クロスカントリー、ボード、基礎など、全てのジャンルをこよなく愛するスキー小僧!

2009 年
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2008 年
8
11
2007 年
5
6
7
8
10
2006 年
8
10
2005 年
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。